飯田橋にある「贊記茶餐廳」(ちゃんきちゃーちゃんてん)。「ちゃーちゃんてん」というのは香港にある24時間営業のファミレスの総称です。 

「二人です」と店員さんに伝えると、ボックス席に案内される。12時にお店に入店したのだが、すぐに満席に。店内は広東語と普通語が飛び交っていて、少し香港に来たような気分になる。日本語に加えて広東語も普通語のどちらもしゃべれる女の店員さんがいるか思えば、中国語は勉強中らしき日本人男性の店員さんもいる。


ランチはドリンク付きで700円也。

Dの叉焼と皮がパリパリの豚肉のせごはんをオーダー。すぐに出てきた。美味しい。生姜のアクセントも効いている。

飲み物はホットミルクティー。砂糖は入っていないので、香港風にするために自分でたっぷり入れる。濃くて良い。

デザートにポーローヤオ(260円)もオーダー。小さなメロンパン(香港ではパイナップルパン、と呼ばれている)に切り込みが入っていて、そこに薄くスライスした有塩バターが挟まっている。クッキー生地の甘さとバターの塩加減が絶妙にマッチしてとても美味しい。 カロリーが気になるところですが、、、